MENU

仮性包茎の男性は早漏になりやすい。これには理由があります

仮性包茎の男性で、実は早漏にも悩んでいるという方は大勢います。
なぜかというと、仮性包茎だと早漏になりやすいからなんです。

 

なぜ仮性包茎だと早漏になりやすいのか?

 

その理由は、「刺激に弱いから」ということになります。

 

普段から亀頭が露出している男性は、
日常生活の動作のなかで下着に擦れるなど常に刺激を受けています。

 

しかし、仮性包茎の男性は常に包皮に亀頭を保護されています。
これにより刺激をほとんど受けることがないので刺激に弱くなってしまうんですよ。

 

早漏を改善する方法

 

昔は早漏を改善する方法として、「濡れたタオルで叩く」というのを聞いたことがあります。

 

これは、お風呂場で小タオルの濡らしてペニスを叩くのですが、
確かに長期間続ければ刺激には強くなりそうです。

 

もう一聞いたのは温冷法です。これは温めたり冷やしたりを交互に繰り返す方法になります。
熱い冷たいという正反対の刺激を繰り返すことで刺激に慣れるということだと思います。

 

これらの方法を話を聞いた感想は、
確かに皮が剥ている人にとっては適度な刺激になり効果もあるのかもしれません。
でも、皮が剥けていない人にはあまり効果がなさそうです。

 

やはり、仮性包茎を治すことが早漏改善には必要ですね。

 

仮性包茎を治す方法

 

仮性包茎を治す手っ取り早い方法は手術で余分な皮を切りとることです。
高須クリニックが有名ですね。

 

剥きクセをつけるという方法もあります。剥きクセをつける矯正器具も販売されています。

 

あとは、成長などでペニスが大きくなれば改善するかもしれません。

このページの先頭へ