MENU

シトルリンがED改善に効果がある理由

ペニスの解剖画像

シトルリンがED(勃起不全)改善に効果がある理由を説明します。

 

男性のペニスが勃起するためには血管の拡張が不可欠です。この血管拡張を改善するには、ED治療薬(バイアグラ、レビトラ、シアリスなど)が一般的に知られていますが、伝達物質の一酸化窒素(NO)にも同じ働きがあることが分かってきました。シトルリンには、この一酸化窒素(NO)の生成を助ける働きがあるのです。

 

最近の研究で、勃起は体内勃起因子の一酸化窒素(NO)によって起こることが解明されました。性的な興奮や刺激により血管(陰茎動脈など)で、一酸化窒素が生成されます。

 

生成された一酸化窒素の作用で血管が拡張し、陰茎の海綿体流れ込む血液の量が増加して勃起を促します。また、一酸化窒素の効果は血管拡張作用だけでなく、血流を維持する効果もあります。

 

ペニス(陰茎)には海綿体と呼ばれる器官があり、海綿体はペニスに流れ込んできた血液をスポンジのように吸収し、その量に比例してどんどん膨張していきます。つまり、ペニスの大きさや硬さは、すべて血液の流れ込む量によって決まってしまうのです。陰茎に入る血液の量が多いほど強く勃起し硬くなります。

 

シトルリンの一酸化窒素(NO)を生成するメカニズム

近年、シトルリンが医薬品や健康食品に利用されるようになった理由に、シトルリン最大の特徴である「一酸化窒素(NO)を作る」働きがあげられます。シトルリンは、体内でアルギニンに転換され、アルギニンはシトルリンに転換される作用を繰り返します。このアルギニンがシトルリンに転換されるときに一酸化窒素(NO)が作られます。これは一酸化窒素サイクルと呼ばれています。

 

一酸化窒素はシトルリンとアルギニンの一酸化窒素サイクルによって作られていますが、体内に活性酸素が多いと、それを無害化するために消費されてしまいます。特に30代を過ぎるとNOの生産能力が低下するので、サプリメントや食事でNOの生産を補助する必要がでてきます。

 

シトルリンの血流改善効果

私達が健康な身体を維持するために「血管と血液」はとても重要な役割をもっています。しかし、生活習慣の乱れや加齢によって血管はしなやかさが失われ、血流も悪くなっていきます。血管が弱くなり、血行が悪くなると健康にも悪影響が出てきたり、様々な病気の原因にもなります。

 

血管を拡げ血液の流れがよくなることで、酸素や栄養が身体の細部までくまなく行きわたり、老廃物などもスムーズに体外に運び出せるようになります。シトルリンには血管を強くし血液の流れを改善する効果があることから、健康維持・病気の予防に役立つ成分として期待されているんです。

 

極GOLDは勃起不全に最適

 

シトルリンに期待される健康維持と美容に役立つ効果

ED(勃起不全・インポテンツ)改善、筋肉増強、精力増強、運動機能向上、動脈硬化抑制、冷え性改善、むくみ予防、抗酸化作用、疲労軽減、成長ホルモン分泌促進、免疫回復、活性酸素消去作用、細胞の老化抑制など、シトルリンは健康と美容に役立つ新機能性成分です。

このページの先頭へ